読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェ開業で泣きたくないならこのブログ。

カフェを開くことは絶対にオススメしません。レコールバンタンでも講師を務める元カフェオーナーのブログ。

友だち追加

カフェ開業を勧める人は悪魔です。

僕は絶対にカフェ開業を勧めない。

父親が喫茶店を営む家庭で育ち、10代の頃から飲食店で働き、30代でカフェを開業し、現在は飲食の専門校(レコールバンタン)などで講師活動をしている僕ですが、それでも絶対にあなたにカフェ開業を勧めることはしません。

 

www.lecole.jp

 

どんなお店、飲食店でもそうですが、カフェは勧められて開くものではないからです。

もし、あなたにカフェ開業を勧める人がいたとしたら、その人はもしかして悪魔かもしれません(笑) 

 

 

 周りの意見は関係ない。

今後、あなたのカフェ開業に反対する人物も多く現れるでしょうが、それにめげているようでは問題外。

この僕も、反対をしているわけではないですが、けっして賛成をしているわけでもないのです。

周りの人がどう言おうと、「自分はこうしたい!」という情熱を持っていることが必須条件。

家族や周りの人を納得させ、気持ちを動かすくらいの意気込みがなければ、続けていけるカフェにはなれません。

 

なぜ、続けていけないカフェが多いのか?

もちろん、業種的に厳しいというはあります。

しかし、想定外の苦難にくじけて開業前の気持ちやビジョンを失い、「もう閉店しよう」と決心してしまったからにほかなりません。

「辞めたい」と思ったら、辞めるのは本当に簡単ですから(笑)

まあ、それくらい「思ってたよりもきつい」というのがカフェオーナーという職業なのです。

 

じゃ、どうすればいい?

先ほども少し書きましたが、そもそも「業種的に厳しい」のと「想定外の苦難にくじける」のが閉店の主な理由。

だから、「カフェ経営のデメリット」を克服し、「想定外の困難」を想定できるようにしてしまえばいい。

そのためには、本やネットでありきたりの情報を収集することをやめて、耳が痛いことをたくさん書いている本やサイトを読むことです(笑)

 

ひとりではじめる「こだわりカフェ」塾

ひとりではじめる「こだわりカフェ」塾

 

 

その上で、対応策を考えていこう。

そういう意味では、あなたのカフェ開業に反対する人は「成功へのヒント」を与えてくれる神様なのです。