読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェ開業で泣きたくないならこのブログ。

カフェを開くことは絶対にオススメしません。レコールバンタンでも講師を務める元カフェオーナーのブログ。

友だち追加

ひとりでカフェを切り盛りできる方法はいくらでもある。

暇な店でも忙しい。

個人カフェの場合だと、ほとんどの場合、1~2名体制の営業になる。

2名でちょうどいいくらいの忙しさが続けば一番助かるが、実際はそうはいかない。

2名だと暇、1名だと忙しいような微妙な混み具合。

暇だと思っていたら、急にドタバタと忙しくなるようなケースも。

しかし、飲食業である以上、それを言ったら仕方ない。

できるだけ、負担が軽くなるようなケースを考えていきましょう。

 

忙しいのはほんの一瞬。

実際問題、上手くやれば20席規模くらいまでなら2名でも全然回せるはず。

問題は、たまたまお客様の動きが「かち合う」ケースだけだ。

注文を取りに行こうと思ったら、お客様がレジに立った。

レジをしていたら、厨房から料理が出てきた。

・・などという、ちょっとしたタイミングの悪さにすぎない。

 

こういうやり方もある。

ところで、先日連れて行っていただいた蕎麦店。

 

f:id:uranai60:20170410152944j:plain

soba-suke.com

 

一見ラーメン屋かのような雰囲気で、夜は居酒屋メニューも豊富。立ち食いって書いてあるけど、椅子はありました。

特徴は、回転率がいいにも関わらずスタッフは2名体制だということ。(少なくとも私が訪れたランチタイムは)

その秘密は、券売機とセルフサービスの導入。

券売機なしでフルサービスだったら、3名でもきつかったかもしれない。

 

カフェで券売機もいいかもよ。

全国で、券売機を取り入れられているカフェはあるだろうか?調べたけど、多分ない。

 

f:id:uranai60:20170410154102j:plain

 

あってもいいような気がするけどなあ〜

カフェらしく可愛くデコったりして(笑)

結局のところ、言いたいのは、「形にとらわれてはいけない」ということ。

カフェには、「こうでなければいけない」がない。

これで1日1名の人件費を削減できたらどうなるだろうか?

ひょっとしたら、あなたの事業計画も大きく現実感を増すかもしれない。